"通常、株式のネット取引に関して、特定口座で行います。 このネット証券の特定口座の開設は、国内に移住していることが条件となっています。 海外赴任の場合などは、国外移住届けを出しますので、当然日本に移住していないことになります。 となればネット証券の特定口座は解約する、もしくは休眠するということになります。 休眠の場合はその状態の維持になりますので、売買できません。 取引している証券会社が解約しなければならないのであれば、保有している商品は移管もしくは売却ということになります。 移管先は一般口座ということになりますが、ここに取り扱いがない商品を保有しているのであれば、それに関しては売却しかありません。 ネット証券で売られている外国債権なども移管できないと考えられ、中途換金の必要が出てきます。 海外赴任の可能性があるのであれば、どの証券会社で開設するかを事前に熟考する必要があります。 長期の資金形成を見据えてのことであれば、休眠という形もアリです。 不明口座に関しては証券会社は厳しく、「宛所にない」といった形で郵便物が返却されるようなことがあれば、口座の凍結も考えられます。 やはり順当な処理を行う必要があります。 しかしこれは法律ではなく、証券会社ごとの規定に基づいたものです。 もし仮に海外在住中も取引を行っていたことがあるとしても、罰則が付けられるものではありません。 "